いくら貸しているのか?

スポンサードリンク


あなたもネット上で事業資金をいくら調達できるか問い合わせてみよう!
↓↓↓日本政策金融公庫や銀行からの融資を断られた方でも利用可能↓↓↓↓↓↓
日本政策金融公庫



日本政策金融公庫はいくら貸しているのか?

たまに来るメールの中に

 

日本政策金融公庫から1億円を20年返済で借りて
 お店を出そうと思ってます」

 

みたいなものがあります。

 

「私は日本政策金融公庫からいくら借りられますか?」

 

という質問が多いこともあって、メールセミナーの中で
それには答えていますが、ここでは、少し見方を変えて
日本政策金融公庫はいくらくらい融資を出しているのか
を解説します。

 

 

ソースは各自で探してもらうとして
(調べたらすぐ出てきます)

 

日本政策金融公庫が平成24年7月30日に
公表している情報によると

 

この四半期(4月から6月までの3ヶ月間)に
創業前から創業後1年以内の方に行った融資は

 

全国で

 

5160企業

 

 

約321億円

 

 

です。

 

 

すなわち、1社あたり622万円です。

 

 

1年前の平成23年の同じ時期の創業融資は

 

 

全国で

 

4727企業

 

 

約272億円

 

でした。

 

すなわち、1社あたり575万円でした。

 

 

さらに、日本政策金融公庫は、雇用の創出が見込める
成長分野として、医療・福祉の分野に積極的に融資を
行っています。

 

こっちは、初期投資である程度大きい金額が必要と
いうこともあり、融資実行額も他の分野に比べて
多く出しています(これも調べればすぐ出てきます)。

 

ということは、その分、他の分野で創業する人
に出している金額は上記の金額よりその分低いものとなります。

 

ちなみに
日本政策金融公庫が新規開業者向けに用意している
新規開業資金制度の内容は以下の通りです。

 

【おすすめページ】

新規開業資金

 

ご利用いただける方 次のいずれかの要件に該当する方

1 現在お勤めの企業と同じ業種の事業を始める方で、次のいずれかに該当する方
(1)現在お勤めの企業に継続して6年以上お勤めの方
(2)現在お勤めの企業と同じ業種に通算して6年以上お勤めの方
2 大学等で修得した技能等と密接に関連した職種に継続して2年以上お勤めの方で、その職種と密接に関連した業種の事業を始める方
3 技術やサービス等に工夫を加え多様なニーズに対応する事業を始める方
4 雇用の創出を伴う事業を始める方
5 上記1〜4のいずれかを満たして事業を始めた方で、事業開始後おおむね5年以内の方

ご融資額 7,200万円以内 (うち運転資金4,800万円以内)
ご返済期間 設備資金

15年以内 (特に必要な場合20年以内)
<うち据置期間3年以内>
運転資金
5年以内(特に必要な場合7年以内)
<うち据置期間6ヵ月以内(特に必要な場合1年以内)>

利率(年利%) 〔基準利率=1.45〜4.00〕

 

確かに、新規開業者には7200万円まで融資する
制度となっています。

 

ですが、さっき書いた内容を参照してもらえれば
制度上融資を出せる金額と実際に出ている金額は
大きく違います

 

そういう現状も踏まえずに、7200万円必要な
事業計画書を持っていくと門前払いになります。

 

返済期間についても同様です。

 

 

スポンサードリンク



【注目】  日本政策金融公庫から運転資金を断られたあなたへ

あなたの会社に100万円以上の売掛金さえあれば
今日中に運転資金を調達する方法があります。

事前の自動計算でいくらが調達可能かもわかります。

今すぐこちらをクリックして
あなたの会社がいくら調達可能なのか計算してみてください。

その後、資金調達プロサポートセンターより、手続きの説明の電話がかかってくるので資金調達の件をご相談ください。


あなたの会社が

・日本政策金融公庫から運転資金の融資を断られた

・銀行から融資を断られた

・信用保証協会が急に保証に立たないと言い出した

・リスケジュール中である

・決算書が赤字である

・会社が債務超過だ

・税金を滞納している

としても取引先に知られることなく利用できる最後の資金調達手段です。

今すぐこちらをクリックして
あなたの会社がいくら調達可能なのか計算してみてください。